Entries tagged with “ゴローズ


ゴローズのメタル付き特大フェザーペンダントトップ(左向き)をリングに加工するご依頼を頂きました。

メタル付き特大フェザーペンダントトップ 左

加工はこれまでと同様。
ペンダント環の部分をそのまま潰すと、こんな風になります。

メタル付き特大フェザーペンダントトップ 左

少し開き戻して、地金を突っ込んでロー付けします。
その地金も隙間に合わせて両端を薄くした板を差し込みます。
これをしないと、ロー材だけでその隙間を埋める事になり、ロー材の色が出過ぎてカッコ悪くなってしまいますので。
本物は潰しただけなので薄くなってるでしょうが、カスタマイズする事は全て本物と同じにするという事では無いと思っています。

メタル付き特大フェザーペンダントトップ 左

ペンダント環をロー付け後、差込んで出ている板を削り整形。
そして、丸くリング状に丸めていきます。
ご指定のサイズに合わせた後、全体を磨いて完成。

メタル付き特大フェザーをリングへ

メタル付き特大フェザーをリングへ

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズのフラワーバングルの修理のご依頼です・・・折れてます。
やはり、一番弱い部分で折れちゃいますね・・・。

ゴローズ フラワーバングル修理

中央はフラワーモチーフが乗っかってますので、板が二重。
その脇の部分はバングルベース板が一枚だけなので、強度から考えるとこの部分が一番弱くなります。
なので、平打ちバングルと同じように裏側に一枚補強板を追加してロー付け。

ゴローズ フラワーバングル修理

恰好は良いんですが、強度面を考えると平打ちバングルより扱いが雑だと折れやすくなりますね。

ゴローズ フラワーバングル修理

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

このところ多くお問い合わせ頂く件で、ゴローズのホイールのメタル部分のカットがあります。

ゴローズホイール

多分皆さんが気になるのが、カットする際の傷だと思います。
そこで、丁度カットのご依頼があったので、行程を撮影してみました。
とはいえ、カットしてる最中は撮れませんので、カット直後の写真です。
傷はこんな具合です。

ゴローズホイールのカット

ホイールとメタルの間ギリギリでカットしているので、さすがに無傷という訳にはいきません。
ノコ歯が少しかすります。
そのノコ歯、どんなモノを使っているのかというのが次の写真。

ノコ歯3種比較

一番太いのが通常仕事で使っているモノです、サイズ直しなど地金を切る際に使います。
その次の太さのノコ歯は、透かし模様などで切り抜く時に使う歯。
一番細いのが、ホイールをカットする際に使っている歯です。
厚みで0.17mm程です。
ちなみに、横に置いてあるドリルの太さは0.5mmです。
これでホイールを回しながら周囲から切っていき、中心で繋がる・・・そんな感じで切ります。
その際は、専用の切削オイルもつけて。

かすった部分は僅かですが、コレを1000番-2000番のサンドペーパーで水をつけながら研磨します。
研磨後はこんな感じ。

ゴローズホイールのカット

そして、表面を磨き、最後にロー材で埋まってしまった彫りの部分を再現して出来上がり。

ゴローズホイールのカット

ジュエリーの修理に関しては、こちらをご覧ください。

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズのフェザーペンダントからリングへのカスタマイズのご依頼を頂きました。
フェザーペンダントは、K18YGのチップ付き。

ゴローズフェザーペンダントからリングへ

リング状へ丸めるだけで簡単なように思えますが、実際には慎重に行います。
丸める前に、まずペンダント環を潰します。
今回の品物の場合、一度潰してみましたが地金の厚みが不均等なので中央が凹んでカッコ悪くなってしまいました。

ゴローズフェザーペンダントからリングへ

このままロー付けしてしまっても・・・とは思いました。
ただ、出来るならカッコ良くしたいですものね。
そこで、お客様のご了解を頂いて、再度ペンダント環を開き、その中へ薄い地金を差し込んで厚みを均等にしてからロー付けをしました。
そして、丸めていきます。
案の定、K18YGのチップ部分のロー付け面が少し外れて亀裂が入りました。
ココも、もう一度ロー付けのし直し。

そして、ペンダント環部分を曲げてから磨き、完成。
(今回は、鏡面にはせず、粗磨きだけで仕上げとしました)
多くの方が気になるロー付け面ですが、下の画像のような感じになります。
画像からは判りませんが、実物をよーく見ると少し黄色味のあるロー材が見えます。
このロー材部分は、今のところ銀ローと全く同じ色の素材が無いので、致し方ない部分ではあります・・・。

ゴローズフェザーペンダントからリングへ

ペンダント環の正面から見るとこんな感じ。

ゴローズフェザーペンダントからリングへ

一番最初の画像に写っていたホイールですが、こちらは以前ご依頼があったのと同じく、中央の部分をK18のメタル部分を外して欲しいとのご依頼でしたので、その作業も。

ゴローズホイールのメタル外し

作業内容は、前回と同じです。
前回のと画像を見比べてみたのですが・・・違う品物です。
同じところで撮ると、二つは同じ物に見えちゃいますね・・・。

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズのホイールです。

ゴローズ ホイール

このホイールから中心の小コインを外して欲しいとご依頼がありました。
方法は2択ありますが、実際は一つしかありません。
一つ目は、ロー付けで取り付けられていますので、熱を加えてロー材を軟化させて外す方法。
もう一つは、物理的にノコギリでカットする方法。

方法は一つしかないと書いた理由ですが、熱を加えて外す方法はやらない方が良いからです。
何故か?
ロー材、特に銀ローは地金を食いやすいからです。
地金を食うというのは、地金に馴染みやすく、熱を加え続けると浸食していきやすいのです。
逆に、ロー付けをした際にガッチリと付きやすいのですが、外す際に浸食をしてホイールやコインに影響が出やすいのです。

今回もそれに当たりますので、糸ノコで切ります。
糸ノコの太さも極細のを使い、ギリギリの境目でカットします。
この時、コイン側にノコギリの太さ分、逃げてカットしていきます。
僅かに逃げてカットしないと、ホイールの表面を切って傷つけてしまいます。
どうしても、表面はかすってしまいますけどね・・・。

僅かに擦った部分を磨き、中央の彫りの入った部分がロー材で埋まっていますので、この部分も再現し直して出来上がりです。
簡単なようで、結構神経を使う作業です。

ゴローズ ホイールのカット

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズのフェザーペンダントのターコイズが割れています。
この石の交換のご依頼を頂きました。

ターコイズが割れたゴローズフェザーペンダント

石のサイズが規格サイズよりも大きいので、一回り大きい石から削ってサイズを合わせます。
左の割れている物がオリジナル、右が研磨中の石です。

ターコイズ研磨

石のサイズを合わせたところで、丸みをつけて荒削り・・・そして、磨きます。
石の研磨をする前にフェザーペンダントの石枠の爪を叩き広げてありますので、研磨し終わった石を入れて爪留めします。
そして、爪を磨いて完成。

石交換の終わったゴローズフェザーペンダント

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

少し前に修理しましたゴローズのコイン付平打ちバングルです。

何度もご紹介していますので、修理過程は別の日記をご覧ください。
そんな中、毎回思うのが、折れる前にお持ち頂ければ・・・と、思うのです。
と、いうのも、シルバー板は折れる際に地金が伸びながら折れる事が殆どです。
引き千切れるといったら良いでしょうか。

伸びてしまったシルバー地金
(画像追加しました)

ですから、ポッキリ折れる断面とは違い、折れた断面がピッタリと合わさる事がありません。
この伸びた部分を削り合わせてロー付けをしています。
状態によっては完全に合わせる事が出来ない場合もあります。

地金が伸びた断面をロー付け

このお客様のバングルもかなり地金が伸びていて、完全に合わせる事が出来ませんでした・・・。
コインの横に合わせ目の亀裂が残ってしまいました。
クラックが入っていたら、完全に折れてしまう前に修理のご依頼をお願いします。

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

以前、ゴローズの平打ちバングルのカスタマイズで、バングルの周りにK18YGで囲う作業をさせて頂きました。
お客様から多数のお問い合わせを頂いています。

そんなお客様から、ご依頼を頂きました。
今回は、模様彫りがないコインのみのタイプのバングル、いつもは折れたバングルの修理をしている品物です。

前回同様に、ワックスで型を取りキャストで地金にしていきます。

ゴローズ平打バングルのカスタマイズ

今回の品物は、折れていたりクラックが入っていませんでしたが、変形をしていたのでその変形を修正してから型取りをします。
そしてキャスト(鋳造)。
地金になったら部分修正をしてバングルにはめ込んでロー付けをしますが、今回は型取りがバッチリだったので叩き込むとガッチリと固定出来てロー付け箇所も裏側の2ヶ所のみ。

ゴローズ平打バングルのカスタマイズ

後は、磨いて部分的に黒染めをして再度軽く仕上げ磨き。
これで出来上がり。

ゴローズ平打バングルのカスタマイズ

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

相変わらず暑い名古屋です・・・。

当店にお問い合わせ頂く修理で一番多いのが、サイズ直し。
その次が、ネックレス関係。
シルバー製品で多いのは、ゴローズなどのバングルの修理のお問い合わせが凄く多いです。
シルバーリングのサイズ直しよりも多いんじゃ無いかと思うくらい・・・。

何度も書いていて見飽きたと言われるかもしれませんが、

「平打ちバングルは脱着で形を変えない事」

コレが長くお使い頂くコツです。
針金を何度も折り曲げていると、その内に折れてしまう・・・コレと同じなのです。

平打ちバングルの修理

クラックが入ってしまっています。
いつものように、裏側に補強板を一枚当ててロー付け。

平打ちバングルの修理

今回のご依頼では、長さが長いので1cmずつカットしました。

平打ちバングルの修理

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズバングルにロー付けされた爪が外れてしまった品物の修理ご依頼です。

ゴローズバングル 外れた爪

使われている内に少しずつ負荷がかかり、ロー付け面が外れてしまったのだと思いますが、ロー付けそのものも溶かし込みが弱く、バングルのベース面との溶着が弱かったものかと思われます。

ゴローズバングル 外れた爪

一旦、爪のロー材を全て削ってしまいます。
バングル面のロー材も薄くではありますが、削り取ります。
そして、ロー付け。

ゴローズバングル 外れた爪

何度も書いていますが、シルバーはロー付けをして酸洗いをすると真っ白になります。
ここから、磨いて行きます。
そして、完成。
お客様のご希望で、黒染めはせず鏡面のままお渡ししました。

ゴローズバングル 外れた爪

パソコンのOS(Windows)の変更、何で今頃始めているのかと言うと・・・
マイクロソフトのWindows XPへのサポートが来年4月に終わります。
その頃に慌てなくても良いように、それと今年1月末までの格安アップグレードキャンペーンもありましたので、乗り換えをしていたのです。
ただ、仕事で使っているPCの1台のシステムが古いので、コレは買い替えにします。
夏ごろの買い替え予定ですが・・・。

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

新しくしたPC環境、アクセスが出来ないサイトがある件は解消しました。

ただ、Win8は、旧OSの環境が引継がれていないので、殆どのソフトが動きません。
痛いのは、フォトショップが動かない事で、新しくインストールをしようにもシリアルナンバーを受付けてくれないので再インストールも出来ません・・・。
しかも、アンインストールも出来ず・・・
一度HDDをフォーマットしてOSも再インストールすれば解消されるんでしょうが・・・面倒だなぁ~・・・。

ゴローズバングルのフェザーの一端が外れてしまった品物のロー付け修理依頼がありました。

ゴローズバングル フェザーのロー付け

ゴローズバングル フェザーのロー付け

ロー付けをすると、シルバーは真っ白になります。

ゴローズバングル フェザーのロー付け

これを磨いて出来上がり。

ゴローズバングル フェザーのロー付け

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

追加でもう一点、バングルです。

これまで何度もご紹介してきたゴローズのバングルの修理です。

やはり、折れている箇所は同じ・・・。
何度も書いてますが、バングルは脱着の際に形を変えない事が長く使う秘訣です。
針金を何度も曲げると・・・その内に折れる、という事と同じです。
「加工硬化」と言いますが、同じ箇所を曲げているとその部分の結晶間の抵抗が増して、極限に達すると結晶間の繋がりが外れ、折れるという事になります。
加工硬化を上手く使えば、例えば鋼を使った刀のように硬くまた粘りのある品物になりますが、度を過ぎてしまうと使えない素材にもなってしまいます。

いつものように裏側に補強板を一枚足してロー付けです。
また、真っ黒に変色していたものも、磨いて綺麗になりました。

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズのバングル修理のご依頼です。

今回は、これまでの板状のバングルでは無く、甲丸断面のバングルです。
裏側を見ると、クラックが入っています。

これだけ厚みがあっても脱着の際に曲げ伸ばしをしていると、板状バングルと同じようにクラックが入りいずれ折れてしまいます。

いつものように裏側に一枚補強板を当ててロー付けです。

納品時には、お客様に形を出来るだけ変えないようにお使い下さいとお伝えしました。
長く使うには、それしか方法が無いのです。




お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

今回もゴローズバングルの修理です。

ココで何度も紹介をしていますが、今回の修理ではバングル自体は折れてはいません。
ですが、既に亀裂が入り、いつ折れてもおかしくない状態でお問い合わせがあり、修理をさせて頂く事になりました。

裏側(内側)には既に亀裂が走り、幅全体の2/3程に達しています。
表側(表面)に亀裂は一見すると無いようにみえますが・・・
良く見ると、ゴールドのプレートに沿って亀裂が入っているのが確認出来ました。(赤矢部の間)

一番上の画像を見て頂くと判るとおもいますが、バングルは捻りが加わり、平らに置けません。(片側が机についていますが、反対側は浮いています)
折れないように全体の形をそっと成型をして、いつものように裏側に補強プレートを一枚追加してロー付けをしました。




お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズバングルの修理のご依頼です。
今回は、ターコイズ入り。

残念ながら、これまでのゴローズバングルのように修理は出来ません。
ロー付けをする上で熱を加えなければいけないので、オリジナルで入っているターコイズは割れてしまいます。
お客様に了解を頂いてターコイズは新しく入れ直す事にしました。

ターコイズは・・・惜しいのですが、割ってしまいました。
そして、これまでのバングルと同様に裏側にプレートを一枚入れてロー付け。

そして、ターコイズを用意します。
販売されている規格サイズよりも小さかったので、一回り小さく石を削ります。

そして、ターコイズを留めていきます。

石留めの後、バングルを磨き、縄の部分を黒染め。
そして、最後に軽く最終磨きをして出来上がり。




お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

昨日、この日記にバングルの事を書いた事だからでしょうか、早速2件のお問い合わせを頂きました。
内1件が修理、もう1件はバングルを使う際の事です。
バングル修理は、以前から取り上げていますので・・・今回は使う際に気をつける事を書こうかと思います。

バングルを腕にはめる際、出来るだけ形を変えないというのが基本になります。
よくあるのが、一度腕に通し、バングルが腕と馴染まないので曲げてフィットさせるという事があります。

画像の赤矢印の部分を押して曲げる方が殆どだと思いますが、こうする事によって何処が曲がるのかというと、黄色矢印の部分に力が集中してココが一番曲がり易くなります。
本来であれば中央に力が集中するので真ん中が折れます。
ただ、ゴローズの画像のようなバングルの場合は中央にコインがロー付けされているのでこの部分は強固になり曲がりません・・・そこで、その両脇が弱くなるのです。
そして、外す時には腕にフィットしているので外れない・・・また広げる・・・。
何度か曲げている内に加工硬化を起こして折れてしまうのです。
針金を切る為に何度も曲げている内に折れる現象と同じです。

人間の腕の形は楕円です。
バングルの形も大抵は楕円ではありますが、肘を固定して手を回転させてみてください・・・180度近く回ります。
この際、バングルを装着している腕の形状に捻りが加わるので、バングルがくっついて動かずフィット感が得られないのが原因なのです。

一番良い使い方は、先にも挙げたように形を崩さない。
手が入るギリギリのサイズに形を整えたら、それから形を変えないというのが折らずに使うポイントかと思います。


お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

シルバーバングルの修理です。

ゴローズでこのデザインのバングルがあるのかどうか・・・?
判りませんが、板状のバングル本体とフェザーの接点部分が外れて(折れて)います。(赤矢印部分)

バングルの場合、品物の弱い部分に力が集中します。
以前もゴローズバングルの修理をこの日記で取り上げてきましたが、中央のゴールドコインの直ぐ脇の部分で折れているケースが殆どです。
この品物の場合は、この部分が弱いのです。

今回の品物の場合、フェザーが橋のように2段形状になっているので一見すると強そうに思いますが、構造から見ると接点部分に力が集中します。
そして、その接点付近で一番弱い部分が折れてしまいます。

ロー付けをする事は簡単に出来ますが、再発する可能性が高くなります。
そこで、お客様にフェザー本体とバングルの間に柱を2本立てる事を提案しました。

こうする事でフェザー部分はガッチリと強固になり、この部分で折れる可能性はかなり低くなります。
但し、両脇の板状になっている部分で折れてしまう懸念は残りますが、フェザーは守られる事になります。




お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

お馴染みだと言うと怒られてしまいますが・・・ゴローズのバングルの修理です。
修理箇所は、同じく中央で折れてます。

ココで何度もご紹介してますので、修理方法は割愛させて頂きます。
その中で2点だけご紹介します。
まずは、1つめ。
このような板状の製品が折れる場合、しかもシルバーのように粘りがある素材の場合は、引っ張られて伸びながら折れていきます。
その結果、折れた部分を合わせてみてもピッタリと元には戻らず、隙間が開いてしまいます。

今回の品物も、伸びた部分にバラつきがあり、このままロー付けをしたとしても隙間が広くて埋まりません。
そこで、少しずつ削りながら合わせていく作業が必要です。

2つ目、今度はロー付けが終った後に磨く作業の際に発生する「火ムラ」という状態に悩まされます。
シルバーを磨く際に、火ムラが出やすくて黒ずんだムラが出てきます。

いかにこの火ムラを出さないようにして磨くか、シルバーの磨きはゴールドやプラチナとは違う手間がかかります。
個人的には、ゴールド<プラチナ<シルバーの順で難易度が高いですね。
だから、素材の地金が安いとは言っても、シルバーの作業代が高くなってしまうのはこの点があるからなのです。
上の画像は下磨きの状態で火ムラを確認・・・この後に、本磨きになります。
火ムラが出たからといって、ヤスリでガリガリとは削りません・・・削ったとしても、磨き方でまた出てきますから。

こうして、修理が完了。

シルバーだからといっても、手抜きはしません。


お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

ゴローズのフェザーペンダントの修理依頼がありました。

この修理は、ペンダントのネックレスが通る環が折れてしまっていたのをロー付けする修理でした。

暫くして、同じお客様から今度はシルバーペンダントの修理依頼がありました。

これも同じようにペンダント環が折れていましたが、折れた部分は紛失されていました。
ここでこの品物をどうやって修理するのか・・・です。
単純にペンダント環を付くってロー付けするのでは、デザインの統一性が損なわれます。
そこで、このようなデザインにしてみました。

素材はシルバーですが、デザインが石で作られた石器の矢じりのような形です。
そこで、ペンダント環も似たようなデザインにしてみました。
お客様からのご希望はありません、私のアドリブです。

修理が出来てから画像添付をしてメールにてご連絡致しましたが、凄く喜んで頂けました。
こういう時が一番嬉しいものです。



お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

今回も、ゴローズのバングル修理のご紹介です。

ポルシェデザインの時計金具と同じく、この品物もこの部分がネックなのでしょう・・・。


装着される時は、中央部分に負担がかからないように、曲げる時はこの部分を避けるのが懸命かと思います。

画像を見ると、前回の修理の時と余りにも似すぎてるので、同じ製品を二度撮影して紹介していると思われてしまう程ですが・・・別の品物です・・・。(汗)
今回は、折れた部分のロー付けにプラスして、一部変形しているところがありましたので、その部分も成型のし直しが入っています。



お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422(営業時間中にお願い致します)
FAXは 052-532-0228
〒451-0035
名古屋市西区浅間2-4-12
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る

来月の土曜営業日は、11月4日です。
ご利用をお待ちしております。

今回の修理のご紹介は、ゴローズバングルの修理です。

修理は、バングルが中央で折れていましたが、比較的簡単な部類になります。
但し、バングルの中央にゴールドのプレートがロー付けしてありますので、コレが外れないように素早くロー付けをする必要があります。

また、バングルの折れた部分をそのままロー付けしても、強度が出ませんのでまたこの部分から折れてしまいます。
そこで、裏に板を一枚あてがってロー付けをします。
もちろん、この板もバングルの曲面に合わせて曲げてロー付けする事となります。

それにしても、この修理をする前に一度検索をしてみたら・・・同じ製品で、同じ箇所が折れてる物がチラホラと・・・。
曲げ伸ばしで一番負荷が加わるのがこの部分になるので、腕にはめる際は出来るだけ曲げないようにする事が一番でしょう。



お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422
FAXは 052-532-0228
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る