今日もシルバーの修理(サイズ直しとペンダント金具修理)のご紹介です。

まず、サイズ直しです。
サイズ直しをするには、
「サイズを小さくする」
「サイズを大きくする」
の2点あります。
通常のリングの場合はどちらも対応できるのですが、デザインによって片方しか出来ない場合があります。



まず、上記のグッチのようなデザインの場合、1号まででしたら大きくする事が可能です。
このリングの裏側(内面ではありません)も、線状にデザインが施されていますので、通常のサイズ直しのように切ってしまうとデザインが繋がらなくなります。
線で入っていますので、無理やりにデザインを繋ぐ事は出来ても、マシンカットされたモノですので正確には出来ません。
この場合、内側からリングを広げる機械がありますので、1号まででしたら可能ですが、それ以上となりますとリングが切れてしまったり、表面にヒビが入るなどしてしまうのでオススメは出来ません。


そして、ティファニートルクナローリングのような四角いリングの場合です。
このリング場合、矢印の角の部分で切ってサイズ直しを致しました。
大きく、また小さくする場合でも、「辺」の長さが変わってしまいますので、デザイン上少し変形した四角形になってしまいますが、この点をご了承いただければサイズ直しは可能です。



そして、シルバーペンダントのバチカン修理(ネックレスを通す金具)です。
このお客様のお知り合いが半田で一度修理をされたとご来店されましたが、この場合は作り替えになってしまいました。
半田と言う素材は、融点(溶ける温度)が低く(約200度程)作られています。
また、地金本体への馴染みを良く作られていますので、このままロー付けをしようとすると本体へ溶け込んでしまいロー付けが不可能になります。
こうした場合の修理には、決して半田はお使いならないようお願い致します。
この場合は作り替えで修理が出来ましたが、本体に半田が着いてしまうと修理不可能になります。


お問い合わせはこちらから

当店Homeへ戻る