来月の土曜営業日は、7月4日です。
ご利用をお待ちしております。

今回も、時計バンドの修理です。

(注:現在の修理は、Tig溶接ではなくオリジナルと同じロー付けに変更しております)

今回のバンド修理・・・IWCポルシェデザイン時計のチタンベルトの修理です。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、少し前に同じポルシェデザインのチタンベルトの金具修理をしました。

今回ご依頼頂いたお客様も、この時の日記をご覧になって当店へ問い合わせをくださいました。

品物を拝見すると、壊れた箇所は前回と全く同じ箇所の、ベルトの金具の蝶番の部品が外れています。(ベルトデザインは同じで幅が違っている品物です)
前回の品物もそうでしたが、この部分はオリジナルからロー付けで着けられています。
前回修理の際も調べた際、チタンのロー付けは短時間で終わらせないとチタンそのものが酸化をしてしまう事も判っていましたので、今回もTig溶接による修理をしました。

今回の作業でも、パイプ内部までチタンが溶けていますので、強度は大丈夫と思われます。

しかし、何故オリジナルがロー付けという方法で着けられているのか、判りません・・・。
ロー付けにはロー付けの良さがありますが、チタン素材との相性はTig溶接の方が良いと思うのですが・・・。
お客様のお話から、金具のこの部分はこの時計のアキレス腱のような感じがします。
デザインや作りに関しては、凄く良い時計だと思いますので、ココだけ補強してやれば長く使って頂けると思います。

ポルシェデザインの時計、実は私も「オーシャン2000」という型が欲しいと思った時がありましたが、とても自分の小遣いで買える物では無く諦めた事があります。
今、こうしてポルシェデザインの時計修理を依頼されるというのは、何かの縁なのでしょうか・・・?

お問い合わせは
メールフォームはこちらから
お電話は 052-531-2422
FAXは 052-532-0228
営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00
当店Homeへ戻る